沿革



昭和21年 島本微生物研究所設立(発酵微生物群と酵素を応用した微生物農法の研究スタート)
昭和24年 「酵素の応用と農業」島本覚也著により出版
昭和27年 「微生物農法」島本覚也著により出版
昭和29年 酵素の世界社設立(微生物農法の普及団体の設立)
農業用および食品用酵素製品の開発に成功
昭和30年 月刊紙「酵素の世界」の発行を開始
昭和34年 「最新微生物農法」島本覚也・邦彦共著により出版
昭和40年 島本微生物工業株式会社設立
昭和45年 第2試験農場増設(現 島本バイム研究農場)
昭和49年 第3試験農場増設
昭和52年 「躍進微生物農法」島本邦彦著により出版
昭和56年 海外へ微生物農法の指導普及開始
昭和59年 「大地の叫び」島本邦彦著により出版
昭和62年 「島本微生物農法」島本邦彦著により出版
(現在 英語訳、中国語訳、韓国語訳も出版)
平成4年 株式会社 韓国酵素の世界社設立
平成5年 株式会社 酵素の世界社へ改組
平成6年 株式会社 酵素の世界社 中国北京連絡事務所開設
平成7年 土山工場新設
平成9年 マレーシアにShimamoto Bio Tech(SEA)Sdn.Bhd設立
平成13年 「新版 島本微生物農法」島本邦彦著により出版
平成16年 酵素の世界社 創立50周年
平成17年 第2試験農場拡張
平成18年 第2試験農場に研究棟(ハウス)建設
平成20年 第2試験農場に果樹園増設
平成21年8月 酵素食品工場(飲料)拡張、研究室 新設
平成22年7月 第4試験農場 増設
平成24年1月 酵素食品新工場 創業
平成24年8月 酵素食品工場(飲料)拡張