微生物農法について
豊かな農業の実現
有用微生物と酵素を応用した島本微生物農法
 島本微生物農法は有用微生物や酵素の作用によって地力を高め、作物がもっている能力を最大に引き出し、安全で栄養価の高い美味しい農産物を増産する農法です。

真農の道

微生物農法の創始者 島本覚也は”国の根本は農業にあり”しかも自然に逆らわない農法を基本理念として、微生物と酵素を応用した農法に一生をささげました。”道は一つ、真理は一つ、道は宇宙の原理、大自然の生成化育の摂理であるとし、農こそが人間の正しい生活のあり方を示し、農こそが国の礎である”と説きました。
戦後、土を愛し、土を養い、根本を養う「真農の道」を説き、農業に従事するかたわら純正な農のあり方を自ら研究、開発、実践しました。日本で初めて木材屑の堆肥化と実用化に成功し、独自の有機質発酵肥料、葉面散布材などの技術も開発しました。
微生物の働きと酵素の機能について私たちが永年蓄積してきた研究成果を、島本微生物農法として体系化しています。この島本微生物農法は現在国内だけでなく、中国、韓国、東南アジアを始め世界各国で環境保全型農業技術として導入され、安心・安全な作物づくりに貢献しています。



島本微生物農法サイト